第10章 - 商談の仕方 第9章 - 展示会について

「展示会出展者」の目的は?(その2)

更新日:

展示会出展者さんの目的は概ね2つ

1)新商品を広く世間に広げたい

新しい商品を開発したので既存の販路や新規販路に関わらず
広く世の中に認知してもらい、成功したい。

2)新しい販路を開拓したい

既存の販売ルートが頭打ちなので、新しい販路を持っている方と出会って売上げを伸ばしたい。
例:これまで家電販売店でしか売ってなかったのを雑貨屋さんでも売れたら・・

というお話をしました。

1)新商品を広く世間に広げたい

これが一般的なイメージなんだと思います。

新商品ってステキですよね。

世の中に初めて出てきた商品に出会える展示会って「夢」があります!

「夢」・・・・

「夢」って大事ですよね。

でも現実では無いって意味ですから!!

冷たいんですけど

新商品=夢=未だ何も実績が無い

売れるかどうかはわからない・・

評価が無い・・

新商品を紹介したいメーカーさんの立場。。。

それを踏まえて展示会ではどう振る舞ったら良いのか?

なんてことが大事になってきますね。

2つのうちのもう一つ

2)新しい販路を開拓したい

の方は、いわゆるネット販売が伸びているといっても

既存のメーカー、商社さんの売上げの多くの部分がやっぱり今でも店舗販売です。

リアルの経済圏が多くを占めます。

数年前なら

新規取引を持ちかけるにあたって

「うちはネット販売が強いです。」

と言えば

「・・・おお新規マーケットだ!」

と喜んでいただけました。

でも今は楽天やヤフーなどの各モールやAmazonで売られていない商品はほとんど無く
(※そういう商品もあるにはある!)

だから、ネットで売るお店が増えることに意義が感じられ無くなっています。

あなたがネットでしか販売ルートが無いならば

今や「新しい販路」とはならないのです。

「仕入れたい商品がある」

そんな時はどんな対応が相応しいのでしょうか?

売れる商品が見つかるだけでは足りないことがありますね。

-第10章 - 商談の仕方, 第9章 - 展示会について

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2020 All Rights Reserved.