商談の方法 起業

すべて自分の「判断」で決めること

投稿日:

ロイです。

 

商談の原則として

1)必ず判断する(結論を必ず出す)。
2)相手のボールで終わる。

これを意識的に繰り返していたのが会社員時代です。

 

「判断」を意識的にするというのは

ぼくの人生を方向付けている要素としては

とても大きいと思ってます。

 

「独立する」ことを決める

「何を売るか」を決める

「誰に会いに行くか」決める

 

もっと細かく言えば

 

今日の午前中に「何をするか」を決める

 

なんとなく過ごしていることが無くなるので

人生の密度があがります。

 

なのでこの日は「休む」ということも

主体的に決めないと

高いパフォーマンスが維持できません。

 

独立してから毎日が

一分一秒が

すべて自分の「判断」で決めていることを

強く意識しています。

 

たとえば

独立後に決めたこととしては

 

「テレビを見ない」こと

「朝5:30に起きて11:00に寝る」こと

 

この2つが大きいです。

 

「テレビを見ない」はだらだらと過ごしてしまう時間を無くしました。

 

受動的に過ごしてしまい

ご飯食べたらついTVつけて、だらだらすごす。

 

そんな時間の使い方はもったいないです。

 

あと朝の時間は金です。

 

朝食前わずか30~1時間に仕事をするのですが

作業はかどるし

ここでスイッチをいれると

午前中の業務の入り方が違います。

 

おすすめです。

 

ここに毎日必ずやらなければならないルーチンを入れると

邪魔されずやり遂げられます。

 

 

起業当初は

朝食前に受注のチェックと処理業務を行って

家族の分も簡単な朝食を用意して、

子どもを起こして一緒に朝食

それから出勤という日々を過ごしていました。

 

 



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-商談の方法, 起業

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.