商談の方法

スキル「商談」という話の続き

更新日:

ロイです。

 

ぼくはバイヤー職が長かったのですが、

ぼくがいた会社では

大まかな取扱ジャンルは分かれていたものの

 

商談が始まるまでは

どんな商品が出てくるかはわからない!!!

という「出たとこ勝負」

 

既存商品の改良品

もあれば

全く世の中に無い初めての商品

なんかも出てきます。

 

とにかく

様々な商品を

「取り扱う(売れる)」

「取り扱わない(売れない)」

を判断していく。

相手方に納得してもらう。

 

それをひたすら繰り返していました。

 

多いときで一日5,6社をこなすこともありました。

 

今みたいにGoogleで検索なんか無いので・・・・

 

過去のヒットのパターンに置き換えて判断

したり

どんなユーザーがいるのかを想定

して考えていました。

 

「取り扱う(売れる)」か「取り扱わない(売れない)」かを判断するのも大変ですが

 

提案した人に「取り扱わない(売れない)」ということをご理解いただく・・

 

 

結構これが難しいものがあります。

 



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-商談の方法

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.