第1章 - ネット通販で起こっていること

コロナ以降の新しい「新しい販路」の傾向について

投稿日:

ロイです。

 

今回は

コロナ以降の新しい「新しい販路」の傾向について

です。

 

コロナ前の状況として、

新しい販路を開拓したい

と考えて展示会等に出店してるメーカーさんにとっては

 

「実店舗があるかどうか」

 

にこだわってるらっしゃるコトが多かったです。

 

いわゆるネット販売が伸びているといっても

既存のメーカー、商社さんの

売上げの多くの部分がやっぱり

 

店舗販売

 

です。

リアルの経済圏が多くを占めます。

 

数年前なら

新規取引を持ちかけるにあたって

「うちはネット販売が強いです。」

と言えば

「・・・おお新規マーケットだ!」

と喜んでいただけました。

 

でも今は

楽天やヤフーなどの各モールやAmazonで売られていない商品は

ほとんど無く

(※そういう商品もあるにはある!)

 

だから、

ネットで売るお店が増えることに

意義

が感じられ無くなっています。

 

あなたがネットでしか販売ルートが無いならば

「新しい販路」

とはならないのです。

 

コロナ前は

だいたいこんな感じで、

そこをどうにか

「新しい販路」

として見てもらうことに注力してました。

 

コロナ以降はまただいぶ違う傾向が出てきたと感じています。

 

コロナ渦では実店舗の実績が下がってしまった。

小規模店舗でもしっかりネット販売に取り組んでいたところが大きく伸びた。

 

そんなことを背景に最近の展示会では

「自社(ドメイン)のWEBショップ」

があるかどうか?

 

が重視される傾向が出てきました。

 

 

amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどのECモール内店舗では無く

 

独立したWEBショップ

「新しい販路」

として

考えられる流れが強まっています。

 

実際には集客から始めないとならないので

「自社(ドメイン)のWEBショップ」は一筋縄ではいきませんが。

 



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-第1章 - ネット通販で起こっていること

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.