商談の方法 法人のメリット 起業

融資を受ける際の 面談のポイント

投稿日:

「困ってから」借りる

これでは遅い!ので

「経営改善」として

資金調達をふくめ

金融機関との関係を築きましょう。

 

たとえば融資を受ける際

金融機関さんも

仕入れの取引先と同様に、

相手の立場に立った

受け答えが必要となります。

 

質問の意図

(何のためのに聞いてるのか)を

把握する必要があります。

 

 

○質問1「これからどんな商品を仕入れますか?」

 

融資を受けるときに

「健全経営」を伝えるのは

必要ですが、ここで

 

「ほとんど新規では仕入れません

(byだってぼく慎重な経営者)」

 

とやると、銀行の担当者は

 

「使わないんだと

融資の額の上乗せ資料が

作りにくいです。」

 

こうなりますので、例えば

 

「オーダーが入ってから

仕入れを想定していますが

○○○万円ぶん

○○な商品を仕入れます」

 

こういった受け答えが

良いのではないでしょうか。

 



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-商談の方法, 法人のメリット, 起業

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.