第1章 - ネット通販で起こっていること

小売業においても ”より速く””より大きく”

投稿日:

小売業においても

”より速く””より大きく”

と進んで行くのですが、

ぼくが物心ついた頃1970年代前半

 

食料品においては、

ようやくローカルなスーパーが主流になってきていましたが、

まだまだ、

 

お肉は精肉店、魚は生魚店、布団は布団屋、金物屋、青果店

電気用品は近所の松下電器や日立などのパパママショップ

 

で買い物してました。

競争というよりは商店街で持ちつ持たれつ・・みたいな印象でした。

 

 

社会背景としては

生産するメーカーにおいては大量生産の合理化が進んでいたのですが、

百貨店法〜大店法と

中小零細小売りを保護する意味合いも大きい法律がありました。

 

合理化した大量生産の大手の家電メーカーや自動車メーカーは

小売りのところの合理化を大型化で進めることができないので

小規模小売りの系列化によって売り場の確保をしていました。

 

それが家電メーカーごとの家族経営のお店や

自動車メーカーの系列販売店を型作ったのです。

 

あくまで独立した中小零細企業の販売店なので

規制にかからず売り場を確保できるのです。

 



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-第1章 - ネット通販で起こっていること

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.