商談の方法 法人のメリット 起業

ビジネスにおける一人前の「身なり」とは?

投稿日:

 

値崩れしない「定番商品」を「仕入」れるには

どうしたらいいか?

 

結論から言うと、以下二つを満たすことが必要です。

 

1)法人である

2)資本金は300万円以上

 

この「身なり」を整えると

正式なお見合いの場

「展示会」にて一人前の扱いがされます。

 

もちろん

「個人事業」でも、

資本金1円の法人だって

 

成果や実績

 

があれば大丈夫です。

 

履歴書でいうと職歴無し、学歴無し、貯金も無い・・・

 

ですが、

 

「今では年商○億あるし、大手さんとの取引もあるんです。」

 

みたいなアピールの別資料が必要になります。

 

資本金は1円でも1万円でも100万円でも法人化できますが、

本気でビジネスをするのなら、

300万円の資本金くらいが必要だとお考え下さい。

 

なぜ300万円という数字が基準になるかというと、かつて

 

有限会社は300万円の資本金から

株式会社は1,000万円の資本金から

 

という時代があって

 

ちゃんとした法人として認められるのは

 

最低300万円の資本金から

 

であり、それ以下はまだ未成人みたいな扱いとなる場合が多いです。

 

この「身なり」を整えきれず、また特別な「実績」も無い場合は

未成人なので

 

「若さ」「熱意」「意気込み」

 

を別に見せないといけません。

 

 

ビジネスと言っても

 

「人」

 

がやっているので

 

それで突破できることもありますが

できたら「身なり」も整っていて「熱意」がある方がいいのは言うまでも無いですよね。



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-商談の方法, 法人のメリット, 起業

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.