商談の方法

相手にボールを渡して商談を終わる

投稿日:

ロイです!

ひっきりなしの商談をこなす毎日から決めた商談ルール

の続きです。

 

その場で結論が出ない際は、

相手にボールを渡して商談を終わります。

 

ボールを渡すとは

次の回答をする側、対応する側が相手の番となるようにすることです。

 

商談の中で決断にいたれない理由があったとします。

 

そのようなときに相手にボールを渡して終わります。

 

例えば

「原材料のスペックが曖昧だから来週までに確認して下さい」

「○○円まで原価が下がったら会議にかけます」

「クレーム削減の改善案を至急たててご連絡ください」

「来月までにサンプルをあげてください。そこで再度検討しましょう」

 

こんな風に自分が次のアクションに移れる条件にない

となれば

相手にボールを渡して終わりましょう。

 

こうしておくと外部の方がリマインダーともなり

自分からの積極的な納期管理も不要になります。

 

 

また必然的に相手の番なので

「ロイさん、未だ返事が無いんだけど・・」

と相手側に思われることが無くなります。

 

 



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-商談の方法

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.