商品の探し方 商談の方法

ただ断るだけだと「次回」に繋がらないというお話

投稿日:

バイヤーは、

様々な商品を「取り扱う(売れる)」か「取り扱わない(売れない)」を

判断していくのが仕事です。

 

採用されるものもあれば、もちろん不採用のものもあります。

 

その際、提案していただいたメーカーさんや問屋さんに

「取り扱わない(売れない)」ということをご理解いただく・・

 

ただ断るだけだと「次回」に繋がらない。

 

最悪は気を悪くさせて、

次の「売れる新商品」は他社に先に提案にいっちゃうかもしれません。

 

だから

断りながらも相手のモチベーションをあげないといけないんです。

 

「相変わらず、いいとこついてんだけどさぁ・・ここがね・・・」

「さすが情報通だね・・でも類似品先に取り組んでいてね」

「前回○○さんの提案商品こけちゃったからさ、ちょっと次は慎重にいきたいんだよね」

 

断りながらもおだてつつ、、、

相手の立場に立って考えるクセが

ここでつきました。

 

 

バイヤー業は商品を見る目は勿論大事だけど、

 

そもそもそれを提案してくれる方との繋がりをどう構築するか

 

これが鍵です。

 

そんな日々を過ごしていたので

まったく白紙の状態でビジネスの商談に放りこまれても

とりあえずどんな内容でも「らしい」話しはできるようになりました。

 



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-商品の探し方, 商談の方法

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.