ロイ式 講座説明 Q&A

ロイ式 講座説明 Q&A Part11

更新日:

ロイです。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、

実はごく一部の方へだけに「物販」「商談」についての講座を持っています。

 

座学だけでは無く

展示会場に一緒に行って

展示会のまわり方や商談のやり方なども実地で教えています。

 

その説明の際の参加者からのQ&Aを抜粋していきます。

 

詳しく知りたい方は一度LINEにてお問い合わせください。

 

 

(30代 / サラリーマン)

 

◆参考になったこと、今後の意気込み

 

本日は貴重なセミナーありがとうございました。

今回のセミナーでコロナの影響でも対面でもメーカー側が求めているのは

大切な商品を適性価格でまじめに商売をしてくれているところ

ということが非常によく理解できました。

 

だからこそ、展示会が開催できない今は

ショップのショールーム化(メーカーさんが安心できるショップ作り)が重要であり、

少なくとも信頼に値して取引したいと思ってもらえることが第一歩なのだと思いました。


また、商品の選定部分で商品を通じてお客様に与えられるメリットは何なのか?

この商品をお客さんが使った時にどうなりたいから購入するのか

を踏まえて選定することで、商品コピーやキャッチコピーもより顧客思考に繋がるものが出来るのだなと思いました。

 

仕入れ先の探索についてもギフトショーなどの展示会一覧からメーカーを探し、Amazonで検索する

というのは逆引きのようで理解しやすかったです。

 

開拓する際のひとつの方法として活用しやすいので、早速取り入れてまいります。

 

◆不安に思ったこと、わからなかったこと

 

【質問1】

ショップ作りについて。

コンセプトを提示したショップ作りが非常に大切ということですが、専門店化していった方がよいのでしょうか?

 

【質問2】

実店舗を開けるぐらいの品揃えとはどれぐらいの商品点数が必要なのでしょうか?

もちろんカテゴリーによって違うと思いますが、日用品や家具などでは1000商品以上というイメージでしょうか?

 

【質問3】

メーカーさんの開拓後はどれぐらいの頻度でコミュニケーションをとられておりますでしょうか?

定期的に売上報告や今後の展望など未来の話はされておりますでしょうか?

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(ロイの返答)

講座のご聴講ありがとうございました。

 

【質問1の答え】

ショップコンセプトは大切です。

軸になるカテゴリ=ショップコンセプト

それ以外のカテゴリは「こんなモノもあるよ!、(アウトドアショップだけど)家ではこれもどうぞ」みたいなおすすめもできると思います。

 

【質問2の答え】

ちゃんとセレクトした商品をキレイにみせれば50商品でも十分だと思います。

 

【質問3の答え】

しっかり売上げをたてていけばメーカーさんの営業さんからコミュニケーションがあるので特に意識していません。

売上げは先方は把握があるので、「どんな商品が売れているのか」のような相手の方の営業活動で参考になるお話が中心でしょうか。

 



ロイのLINE@登録方法

QRコードはこちら ID検索での登録
@ikedaroiを見つけてください。

日々のビジネスの中、多分野との人脈との接点で感じた気づきや変化の兆し、また会社員時代に培った商談スキルやビジネスに関わる心理を語ります。
最前線のネットショップはもちろん、ネットビジネス全般の情報もお伝えします。
なおロイへのご質問や相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。    

-ロイ式 講座説明 Q&A

Copyright© ロイ式:ネットショップ編 , 2022 All Rights Reserved.